広汎性発達障害児ユッキー、はぐれメタルに例えられる

広汎性発達障害児ユッキー、はぐれメタルに例えられる

<script>” title=”<script>


<script>

ユッキー
オッス、オイラは広汎性発達障害児のユッキー!

ナガユキの長男だい♪

今回は、オイラがはぐれメタルに例えられちゃったお話だよ(≧∇≦)/

 

前の話へ   目次   次の話へ

 

▼突然ですが、オイラ、母ちゃんから「はぐれメタル」に例えられちゃいました(^_^;)

https://twitter.com/Nagayuki_Akiko/status/1063989531441938432

 

「はぐれメタル」っていうのは、ドラゴンクエストってゲームに出てくるモンスターなんだ。

とても素早く、防御力が高くてすぐ逃げ出すからなかなか倒せないけど、めでたく倒せるとたくさん経験値がもらえてレベルが上がりやすくなるっていうボーナスモンスター☆

母ちゃんの大好きなドラゴンクエスト5では仲間にすることもできるんだよ♪

 

ただし、仲間にするのは簡単じゃない。

仲間にできる確率は1/256。

つまり「256匹倒したらそのうちの1匹は仲間になる可能性がある」ということ。

さっき書いたように倒すことが難しい相手を256匹も・・・って、なかなか大変なんだよね(^_^;)

 

▼そんな大変な相手だからこそ、特別な装備をしないと倒すことすら難しい。

  • 素早さを高くして、逃げられるより先に攻撃できる可能性を高めるアクセサリー
  • 一撃で敵を倒せることがある上、必ず1のダメージを与えられる武器

 

はぐれメタルとは対照的にスライムナイトっていうモンスターは仲間になりやすいし、特別な装備も必要としない。

しかも仲間にすると剣や鎧も装備出来て攻撃力が高い上、回復呪文まで使える万能キャラ。

 

この「仲間になりやすさの違い」を、母ちゃんは「育ちやすさの違い」に例えたんだって。

お姉ちゃん2人は普通に接しているだけでどんどん言葉を覚えていったのに、オイラはなかなか覚えないからね(^_^;)

だから「療育」という名の特別な装備(サポート)が必要って辺りも一緒だなぁって思ったみたいだよ。

 

それに「256回教えれば1回くらい覚えるかもしれない」って考えてオイラの相手をする方が母ちゃんも気楽なんだってさ(笑)

 

大人になったとしても、発達障害の特性は完全に消えるわけじゃない。

オイラはかなり個性的な大人になるだろうね。

だけど、この社会(パーティー)の中のどこかにオイラの個性を役立てられる場所があるはず!

なかったら作る!

 

今日もオイラのペースで成長していこうっと♪

 

前の話へ   目次   次の話へ




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

岡山市在住の転勤族。 5歳のころから「お母さんになりたい」と母親になる日を夢見ながら育つ。 関西大学社会学部産業心理学専攻卒業。 子育て,心理学,脳科学が趣味。3児の母。 好きな言葉は「当たり前なんてない」「今日が残りの人生で一番若い日」